結婚できないあなたは「紅鸞」が悪い!!【風水の恋愛運】

fghdrfhsrjhsdrh.jpg

結婚できないとお悩みの方は「紅鸞」方位に赤い花を飾ると良いでしょう。
あなたがブスだから、ゲスだから結婚できないのではないのです。「紅鸞」方位がよくないのです。理由はそこにあります。これは古来風水の基本です。「紅鸞」方位に赤い花を飾ると結婚運がアップします。「大好きな彼と幸せな結婚をしたい!」と願う人には多いはずです。そんな方に中国に古くから伝わるとっておきの「催婚法」を紹介しましょう。


催婚」とは、結婚運をアップすることです。これには、生まれ年の干支で決まる「紅鸞」方位を活用します。この方位に、赤い花を飾るのです。赤い花はできれば生花が良いのですが、造花や赤い花の絵画、写真で代用しても大丈夫です。しかしその場合は効果はやや落ちることになります。とはいえ、生花の場合は定期的に氷を取り替えなければならないし、枯れてしまった花では逆効果なのです。不精な人や留守がちな人は、最初から造花などを利用した方がいいでしょう。この枯れた花は最悪です。逆に良くない恋愛運を呼び寄せてしまう強い力が働くのです。また、「延年」方位の寝室や「桃花水法」にも結婚運の効果があります。合わせて利用すればさらに、結婚運が高まるはずです。


まとめると・・・風水で、結婚運をアップするといわれる「紅鸞」方位です。ここに赤い花を飾ると、意中の人と幸せな結婚ができます。不精な人は、造花や絵の写真の方が良いでしょう。あなたが結婚できないのは、「紅鸞」方位が問題なのです。「紅鸞」方位を綺麗な花、綺麗な水で満たせば、ブサメンでもドブスでも良縁がやってきます。結婚できないのは、あなたがゲスやブスだからではないのです。「紅鸞」方位が悪いのです。

この記事へのコメント