住宅の中心を間違えると、家相が異なる【エセ風水師に注意】

dfgdgsdhしゃs.jpg

家相や地相をみるには、まず家の中心を決めないといけません。家の中心が狂うと方位に狂いが生じ、せっかく吉相の家をつくっても意味をなしません。中心が狂っていると、正反対の家相が出てしまうこともあるのです。

住宅は平面ばかりで構成されているわけではなく、立体的に構成されています。風水的に言う「張り」や「欠け」の部分があるので、中心をとるのはかなり難しい作業になります。手書きの図面や縮小率の大きな図面から中心をとることを避け、必ずきちんとした設計図をもとに中心を割り出してください。


簡易的な図面ではなく、1/50くらいの竣工図が望ましいでしょう。

①設計図を広げて、家相でいう「張り」「欠け」を把握します。
②「張り」を含め、「欠け」は埋める形で建物の外郭を決めます。
③できた図形の中心が、家の中心です。

住宅は規則正しく正方形や長方形に建っているわけではありません。ですから一番外側の周囲を結ぶ仮の線を引きます。次に、一辺の三分の一以内、突出しているときは「張り」と考え、三分の一以上突出している場合は、残りの部分を「欠け」と考えます。こうして仮の外枠をつくり、対角線を引き、交差した点が中心となるのです。出窓は建物の一部とみますが、ベランダやテラスなどは、風水的には建物の外側にある付属品と考えます。求めた家の中心は太極と呼ばれ、すべての気はここに集まり、八方に分かれていきます。

住宅の中止は定規を使って正確に北を出すことが必要です。家相や地相をみる場合、最初に重要なことは家の中心を求めることです。次に家相盤を利用しながら、実際に図画を描いていきます。家相盤は、インターネット上のものや、本に付属している簡易的なものでは狂いが生じます。正式な風水の家相盤を使うようにしましょう。

まず、注意しなくてはならないのは、北を中心にして作成するということです。家相盤の北の正中線-「子」と記してある方向を、実際の北の方向と正確に平行になるようにします。この平行が正確に出ていないと、図画も正確になりませんから、細心の注意を払いましょう。三角定規を二枚使い、平行移動して割り出しましょう。なお、地図等の上では北は真上の方向に置かれていますが、家相の場合は若干異なりますので注意してください。

次に家の中心と、正中線を一致させます。個々に方位分解線を引いていきます。ここまでで家相をみる準備が整ったということになります。繰り返すようですが、住宅の中心を出すことは、すべての基本となります。これらの作業が不正確だと、家相盤も見ても狂いが生じます。時間をかけて、慎重にに行なうように心がけてください。


ここでは家相盤を使った住宅の中心の出し方をメインに説明していますが、はっきりと言って素人の方がやらないほうが良いでしょう。上記しましたが、住宅の中心が狂ってしまうと、家相が大きく異なります。全く違う結果となってしまうのです。ですからきちんとした専門家に頼むことが良いでしょう。また、図面を郵送して行う鑑定もあてになりません。風水はその住宅だけの問題ではありません。他でも述べているように、周りの相も関わってくるのです。図面を郵送して鑑定する風水師には注意が必要です。彼らはプロではありません。アマチュアです。エセ風水師です。詐欺師、ぼったくり、悪徳業者の類です。

この記事へのコメント