具体的に「欠け」とみなす箇所は?【運気がダウン!怖い家相】

sだgfjkぐhぅおぴお;h;。・gh。.bmp


家屋の場合、実際に欠けていなくても、欠けと考えられる場所があるのです。これらの判断が非常に微妙で難しく、鑑定の結果を大きく左右するのです。これがあるので、素人の方が判断出来ないのです。平面図で見る限り欠けの形状になっていなくても、その意味、気の流れ、その他の諸条件から、次のものは欠けだと判断しましょう。この判断を間違えると、家相の結果が変わってくるので、注意してください。


●玄関
玄関はドアで外部と仕切られているため、家屋の内部と考えることもできますが、ドアを取り払うと、たたきの部分まで外部のポーチの延長とみることが可能です。ドアや天井で囲われていることから、完全な欠けと判断することはできませんが、他の間取りと違い、外気との接触もとても多く、欠けと考えて、凶意の起こらない配慮が必要とされます。場合によっては張りと考えるケースもあるので、専門家の意見を参考にしましょう。


●土間
上記の玄関と同じ理由になります。土間は下足で外と出入りをするところで、勝手口も含めて、大量の外気が常に流入しているところです。ここは玄関と合わせて3次元的な考えが必要なので、素人の方では少し難しいでしょう。


●窓
窓は外壁の一部としてみることもできますが、やはり開口部と考えるべきで、外気と接触しやすいところです。とくに窓の面積が大きくなるほど、欠けの要素が増してくるので、欠けを嫌う方位での窓の設置は避けなければなりません。大開口の大きな窓が流行りですが、凶方位に大きなサッシや窓を付けることはタブーです。窓は向きや方位も重要ですが、欠けになるかどうかの判断も重要です。

この記事へのコメント