玄関の位置は、北方位・東北方位はダメ!!【注文住宅の風水】

drげげtがえtげあ.bmp
北方位東北方位玄関は避けるべきです。家族の幸・不幸を大きく左右する場所が玄関です。注文住宅の設計の段階では、これらの考えを考慮して、より良い家相になるように設計、プランニングしましょう。

家、注文住宅の間取りを考えるときに、最初に位置を決めるのが玄関の位置です。玄関は家の顔であり、外の世界と家のなかとの接点となります。そして、風水的には外の運気が出入りするところにる重要な部分です。つまり、玄関を吉相にすることによって、よい運気が自然に取り込むことができ、家のなかの乱れた運気は外に追い出されます。家族の幸・不幸は玄関によって大きく左右されることになるのです。


■方位の吉凶

○東方位
朝一番に日が入る方位です。この方位は前進、出世、発展の運気があり、家運の上昇が望まれます。とくに若者には最適の方位で、長男は家を背負っていく気力を持つことができます。

○東南方位
玄関をつくるには大吉の方位です。社会に認められ、出世が見込める方位で、外からよい運気がどんどん入ってきます。この位置は巽といって風を意味する方位です。遠方からよい話が持ち込まれます。商売が繁盛し、交際の輪が広がり、良縁が舞い込みます。

○南方位
太陽が一番高くなるときの方角で、陽のエネルギーを強く受ける方位です。名声、名誉が高まり、頭脳明晰となり、企画力が優れてきます。しかし陽の気が強すぎると陰陽のバランスが崩れることもあります。バランスのとり方が難しいでしょう。玄関は正中線を少しはずすくらいにするとよいでしょう。

×南西方位
この方位は裏鬼門で大凶の方位です。玄関や大きな開口部を設けるのは避けたほうが無難です。さらには張りや欠けもあってはいけません。この方位に玄関をつくると、女性上位の家庭となり、主人の立場が弱くなります。後家運といって、夫が早死にするという恐ろしい運気になるとも言われています。逆に、女系一家にはよい運気ともいえるでしょう。

○西方位
水商売には最適の方位ですが、玄関は正中線を避けましょう。大きな開口部を設けると金銭や財産が逃げていく運気が出ます。ですから華美にせずしっとりと落ち着いた造りの玄関にすると凶意が押さえることが可能です。

○西北方位
一家の主人の座を表す方位です。吉相にしておくと、主人が大物になります。この方位の玄関は、地位のある人の援助が期待できます。

×北方位
この方位は玄関には向きません。なぜならば、太陽を背にすることになり、陰の気が充満するからです。健康を損ねたり、交際下手で隣り近所とのつきあいも悪い、寂しく暗い家庭になる可能性があります。

×東北方位
表鬼門で大凶の方位です。閉塞の運気が漂い、家運が衰えます。この方位は「張り」「欠け」がなく平坦で、開口部もつくらないのがよいのです。玄関をこの方位につくるのは、事業、財産、相続、贈与すべてに最悪の運気となります。最悪の方位と言って良いでしょう。


吉相にするポイント
1.玄関の間口はできるだけ広くとる。
2.余分なものは置かず、靴も人数分だけに。整理整頓を心がける。
3.表札は姓のみを記し、縁起のよい形状のものを。


この記事へのコメント