床下の風水・家相は確認したのか?【素人が見落としがちな場所】

11dshsrjhsrj.bmp

風水家相の観点から慎重にいろな点をチェックする場合でも、意外に見落としがちなところが床下です。床下の風水を考えない方が多いのです。

床下は日が差さないために、湿気がたまりやすく、カビや細菌が発生しやすいジメジメした場所です。こうなると、他の部分がいくら吉相でも、全体としては大凶相になってしまうのです。

そうならないために、床下の風通しをよくする工夫が必要です。まず、通風口は必ず正対するようにつくってもらうことです。大きさも、風通しに十分な面積であることが必要条件です。風窓の方位は、正中線・四隅線上は避けなければいけません。仮にそこにあると大凶となるので、細心の注意が必要です。

また、細かく区割りして風の流れを全く無視したものがあります。これも風水的には最悪です。基礎工事の段階で細部までチェックしてください。
 

最近の住宅では床下全面に、コンクリートを打つことが多くなりました。これも、地面からの良好な陰の気を受けられず、エネルギーの補給ができなくなるのでよくありません。大手ハウスメーカーの家などはもってのほかです。あんなもの建ててはいけません。非常に高い確率で不幸になるでしょう。地気は生き物の活動には欠かせないものです。コンクリートでふさぐと、健康面にも悪い結果を与えるのです。

この記事へのコメント