悪い因縁のある土地は買うべきではない!!【風水学の基本です】

6ghjkykfy.bmp

因縁のある土地は避けるべきです。神社や仏閣の敷地、墓の跡地もタブーです。また身体に影響する湿地帯なども避けるべきです。相談される方で、土地について悩んでいる方はたくさんいます。これから購入しようとする土地が、白分たち家族にとって問題がないのか、気になるのは当然のことでしょう。土地の影響は非常にこわいものです。いくら建物を吉相にしても、上地の因縁には負けてしまうので、十分に注意しなければならない大事なポイントです。これは風水学の基本です。

6tyjkfykj.bmp

それでは、避けなければならない土地とは、どんな土地をいうのでしょうか。具体的には、悪い因縁のある上地、神社や仏閣の敷地、墓の跡地などです。このような土地に一般の人々が住むと、必ず家族に災いがぶりかかってきてしまうのです。相談者にも、このような敷地の場合には、購入を見合わせるようにアドバイスしています。悪い囚縁のある上地の中で、最近、増えているのは、「競売物件」の上地だ。事業に失敗したり、会社をリストラされたりして、手放したくない大切な財産をむりやり手放すことが多くなっています。こんな土地には、以前の所有者の思いが、悪くすると怨念として残ってしまい、後から住む人たちに災いとしてふりかかってしまうことになるのです。そのほか、人間の身体に悪影響をおよぼしやすいということから、埋め立て造成地、かつて沼地、湿地帯、河川敷であったような土地も避けたほうが無難でしょう。凶相なのである。なぜなら、そういう土地は、土壌の本来もっているエネルギーが出ないからです。過去に火災があり、家が丸焼けになったような土地も避けたほうがいいでしょう。この場合も、やはり本来のエネルギーが失われてしまうのです。

火事があっても、焼死者が出ていなければ、地表から50~60センチほど土を入れかえ、少なくとも半年間たっていれば、建築しても無難になることもお伝えしておきましょう。土地の購入には不動産的な知識も重要です。

この記事へのコメント