地鎮祭や上棟式は必ず行いましょう!!【家相や風水の前に考えること】

11dshsrjhsrj.bmp

地鎮祭上棟祭を怠ると凶禍を招く。家を建てるときは省略しないで、正しい方法で必ず実行すること新しい土地を購入し、いざ住宅を建てるというときは、地鎮祭を行いましょう。地鎮祭は、昔から「とこしずめのみまつり」といわれ、大切に取り扱われてきました。本末、大地は神々からの借り物であるという考え方があり、土地を使用するには、それを支配する「産土大神」と「人地主神」の許しを請わなくてはならないのです。その儀式として地鎮祭を行うわけです。これは、大神たちの認可を受けるだけでなく、その上地で生を受け、死んでいったすべての生き物たちの魂を鎮める儀式でもあるのです。この儀式をとり行わずに家を建てたりすると、どんなにいい家相にしても、凶禍にみまわれることもあるのです。ビルの工事現場や一般家庭の工事現場などで、思わぬ事故が起こったのを調べてみると、きちんと地鎮祭を行わなかったというケースが少なくない。とにかく、土壌に手を入れる前には、正しい方法で地鎮祭を実行してほしいのです。

11dshsdrhsrhsdrhsdrh.bmp

上棟祭も同様に重要です。建築工事には多くの職人の手が入り、たくさんの材料を使います。なかには、ちよっとした事故などが起こることも少なくありません。上棟祭とは、工事の半ばで神様を招き、建物を清め、柱の一本一本に神々のパワーを挿入していただく人切な儀式です。しかし、最近では、この大切な儀式を簡略化し、神官を招かず、ご神事を省いて、工事関係者と施主で酒盛りだけをすることが多いのが実情です。こんな上棟祭ではなんの意味もない。施主と工事関係者が頭を並べ、大切な家の完成を、心から神様にお願いできなければ意味がないのです。住まいを建てることは、一生のうちで何度とない重要なことです。簡略化できないものもあるのです。

この記事へのコメント