陰陽五行説は「相性の法則」が重要!!【2019~2020開運】

8fghfsh.bmp

インテリアは五行の「相生の法則」で使い分ける


家の中のインテリアは、方位に合ったものを選ぶものが基本です。ただし、その方位のパワーを強めたり、あるいは弱めたりしたい場合には、五行の「相生の法則」に基づいて考えることもできます。寝室や子ども部屋など、個人で使用する部屋は、インテリアを圈く方位も大きなポイントになります。吉方位に置くことで幸運度がアップするものもあれば、凶方位に置くことで悪作用を防げることもあるからです。ここでは本命卦別のインテリア配置を紹介します。また観葉植物や花は、吉方位にも凶方位にも置くことができます。



陰陽五行説は「相性の法則」

現在の住まいが風水的に考えてよいのか、悪いのかこれは誰もが気になるところです。そこでここでは、一般の方でもカンタンにできるマイホームの風水古凶チェックの方法をご紹介しましょう。以下のチェック項目口で該当するものにマルをつけていってください。当てはまる項目の数によって、マイホームの吉凶判断ができます。ただし、これはあくまで目安ですので、厳密に調べたい場合には、専門家に鑑定を依頼するようにしてください。純和風のつくりになっている家は、和室が基本。東南から南の和室には仏壇、西の和室には神棚を置いています。仏壇や神棚は、人の出入りのある部屋に置くのがポイントです。とくに仏壇は、ご先祖様が寂しがるので注意しましょう。また、一家の主人の方位である西北の和室は、ご夫婦の部屋と寝室して使用する予定です。洗面所は、通常、浴室やトイレとセットになって配されることが多いもの。そういラ意味で、配置される方位は、ある程度限定されてきます。水を使う場所ですから、湿気には注意することが大切。換気をよくするように心がけましょう。また、小さめの観葉植物や生花を飾るのもおすすめです。

縁側は暑さ、寒さを防ぐための日本家屋の知恵ともいうべきもの。快適な生活環境を目指す風水の理論にもかなったものです。また「広縁」は、和室空間の中で、イスを置くためのスペースとして活用することもできます。陰陽五行説は「相性の法則」から成り立っています。落ち着いた黄色をベースにレンガを取り入れた外観は、お若いご夫婦にピッタリです。隣接して数件の住宅が建っているため、門から玄関までのアプローチが細長く変形していますが、そのおかげで「門と玄関を一直線上に置かない」という風水の条件を自然とクリアしています。八方位の中でも強い幸運パワーを持つ東南は、使い勝手の広い方位ですが、それだけに使い方が問われるといえるでしょう。家族全員が集まるスペースとして使えば、自然と家族間のコミュニケーションが深まり、家庭運今咼まっていきます。また、家庭運の上昇は、仕事運や財運の上昇にもつながりますから、結果的にすべての運に恵まれるようになるのです。

陰陽五行説は「相性の法則」と言ってよいでしょう。吉方位である東南は、もちろん寝室にも適しています。ただし、二人のお嬢さんがいる鳥塚の場合には、「長女」の定位である東南は、むしろ子ども部屋にするほうがより理想的。お子さんの成長に合わせて部屋をチェンジすることがおすすめです。寝室には大きな家具は置かず、広々とした空間をつくること。陰陽五行説は「相性の法則」なのです。駐車場のある部分が地下になり、階段を上がった玄関がI階になります。地下の駐車場は、一般に風水では好ましくないものですが、植樹をすることで、車による悪作用を防いでいます。コンクリートが目立つ外観は、五行では「土」に属します。


この記事へのコメント