「理想の家」を建てるための風水!!【2019~2020幸運の家づくり】

6ghjkykfy.bmp

「理想の家」を建てるための風水!!

風水で「理想の家」を建てるためには、原則となる成功ポイントがあります。ここでは、「サラリーマン向けの家」と「事業家向けの家」の2パターンの間取りを参考にしながら、その成功ポイントをわかりやすく解説していきましよう。

①玄関
東にかかる玄関は吉相になっています。観葉植物などを置くことで、悪い気がとどまるのを防ぐことができます。※東の玄関は、三碧木星生まれの人に限っては凶相になります。ほかの方位に移すようにしてください。

②階段
玄関を開けたとき、階段が直接見えるのはタブー。玄関と向き合うつくりにするなど、工夫することが大切です。

③キッチン&ダイニング
キッチン&ダイニングは、家庭に幸福をもたらす象徴的な場所。方位としては束か東南が最適ですが、まさに大吉相になっています。キッチンは家族の健康運を左右する場所。ここが吉相になっていれば、心身ともに健やかに過ごすことができます。ダイニング&キッチンは、主婦の活動の中心的な場所。機能性を重視したつくりがいちばんですOまた、換気をよくすることも大切。動きやすさを考慮してつくられたキッチンがベストです。北のキッチンは風水上よくないという説もありますが、現代のように暖房設備が整ってい食卓に飾る花は、暖色系のものがおすすめ。食欲をそそる効果もあります。キッチンは、五行では「火」を意味する方位である南に位置しています。火を扱うキッチンにとっては、火のパワーが強くなりすぎるので、やや注意が必要です。とくに南の正中線エリア(P51参照)に流しやコンロを持ってこないようにしましょう。キッチンでは火(コンロ)と水(流し、冷蔵庫)をケンカさせないこと。

④浴室
浴室は、問取りの都合上、東の正中線エリアに配置されています。一般に、表鬼門(東北)裏鬼門(西北)と各方位の正中線エリアは、浴室の場所として避けたい方位です。
 
⑤トイレ
一般に風水では、トイレは東か西に配置するのが吉とされています。鯉沼邸の場合は束にあり、まさに理想的といえます。また、便器の位置が正中線エリアからはずれているのも大きなポイントです。一般にトイレは、窓を開けて換気をよくするのが基本ですが、鬼門にある場合は窓は開けないほうが吉。悪い気が入り込むのを防ぐことができます。





風水的な家づくり2019~2020


dfhgshsdhsjklふlhkfgkfgkgfjg.bmp

西北にある納戸をご主人のワークルームとして使っている高塚邸。西北は「主人」を意味する方位ですから、これは正しい選択です。どんなに小さなスペースでも、西北をご主人の部屋として意識して使うことで、家族がご主人を中心に結束するようになります。西北にある部屋の使い方を間違えると、家族のバランスが崩れ、家庭不和につながることもありますから十分に注意しましょう。湿気がたまりやすい洗面所は、常に換気を心がけて。また、バスタブのお湯はためたままにしておかないこと。


【風水ポイント】
●自然に囲まれた環境
●家族の団欒を中心して家をつくった
●ダイニング&キッチンが吉方位にある

※五行では「金」に属する丸みのある屋根は、大地のパワーを取り込む効果があります。


「静の方位」は、家や会社の中など、ひとつの定まった場所の中で吉凶を判断する場合に用い、「動の方位」は引越しや移転、旅行など、何か行動を起こす際の吉凶を判断する場合に用います。「本命卦」と「九星」は、各生まれの星が持つ意味など、多くの点で共通しています。ただし、大きな違いは「九星」が同じ年の生まれであれば男女同じ星になるのに対して、「本命卦」は同じ年の生まれであっても、男女によって星が異なる点です。

もっと基本的な方法としては、みなさんもご存知の[地鎮祭]があります。この儀式は土地を汕め、土地の神様に土地を使う許しを得るものですから。きちんと執り行なうこと  で,多少は凶相の土地でも凶意をやわらげることができます。神社でも お寺でもやってもらえますので家を建てる際には忘れずに行うことが望ましいでしょう。門は家にとって、まさに顔を表わす何よりも重要な部分といえます。実際に門が敷地上に占める面積はわずかなものですが、風水的に考えるならば、すべての基本となる「気」は門から家に入ってくると考えられるからです。ですから、家を新築する際には、家のどの部分よりも先に、門を最上の位置に確保することが大切になります。

この記事へのコメント