毎日、健康でいるために寝室を天医方位にしよう!!【本命卦2019~2020】

8fghfshsr.bmp

毎日、健康でいるために寝室を天医方位にしよう!!

 

ゆっくり安眠するためにはパワーがありすぎる方位もダメ!!

毎日の健康を保つには、まずはしっかり睡眠をとることが大切です。そのため、寝室は以前にも説明したとおり、リラックスできる天医方位が最適です。ゆっくり安眠できれば、健康に恵まれて、活力もみなぎってくるはず。太極から見た天医方位を寝室にできないなら、部屋の中心から見た天医方位に頭が入る位置で眠るか、最悪でも天医方位に頭を向けて寝るようにします。また、たまった疲れが抜けないときや、強力なパワーが欲しいときは、あえて生気方位で寝ると良いでしょう。ただし、もともと元気な人は、かえって寝つけなくなるので避けてください。





風水では、この関係を建物の形や素材に当てはめて考えます。たとえばビルのように細長い建物は「木」、ガラスや池、鏡などは「水」となります。ビルの隣に低く平らな「土」の家を建てるのは「木」であるビルが「土」の家を壊す相剋の関係となってよくないが、屋根のとがった「火」の家なら「木」から相生のパワーをもらって繁栄する、といった具合です。五つの要素をうまく配置し、さらには相生・相剋の関係をじようずに利用しながら五行のバランスをとることが、快適な家づくりの基本となります。


6rtjhdrsjdj.bmp
入って正面に山の絵を飾る玄武の位置にいちばん背の高い物が置けないインテリアのポイント玄関マットは赤系の色に朱雀の位諞にある玄関マットは、「赤」がベスト。汚れたらこまめに洗って、常に清潔を心がけて。カーテンは赤系にするのが吉カーテンの色は、あたたかみのある赤系で薄手の物を。陽の気を持つロールスクリーンでもOK。ポイント背の高い家具は白虎の位置に本棚やスチール棚など、背の高い物は白虎(リビングでは窓を背にして左側)に吉です。電化製品は窓を背にして右側にテレビやオーディオなどの電化製品は、青龍の方向に置くのが収納スペースは十分に調理器具や食器を出しっぱなしにするのは、悪い気を集めてしまうのでNG。十分な収納スペースをポイント棚は木製か青色に風水の五行の「木」のパワーが強まり、キッチンの気の流れもよくなります。毎日、健康でいるために寝室を天医方位が良いでしょう。

アジアンテーストの小物もOK「夏」の朱雀の雰囲気に合ったアジアンテーストの小物を圜いたり、家具を取り入れても効果的です。和室には障子がベストマッチカーテンより、木枠や和紙を使う障子は、木の素材を吉とする和室にはベスト場合は、換気扇を回して。汚れの目立つ色合いの壁がトイレの床や壁は、汚れがすぐにわかるような白や淡い色の物が運気アップになります。毎日、健康でいるために寝室を天医方位にしましょう。インテリアのポイントトイレマットは敷かないトイレマットは汚れがたまりやすく、こまめに洗濯をすると不経済。直接掃除をしたほう力率的です。トイレのスリッパは必須トイレとほかの部屋の空間をしっかりと分けて、家の中に悪い気が流れるのを防ぎます収納棚を設けてスッキリと洗面所に物が散乱しないように、収納棚を活用して整理整頓されたインテリアのポイント排水ホースの脇に炭を置くにおいや悪い気がたまりやすい排水ホースの脇に炭を置くことで、悪い気を吸着できます。籐製の家具や小物を使う「木」の相を持つラタンの物入れや洗濯かごは、五行のバランスがとれるのでおすすめです。毎日、健康でいるために寝室を天医方位が良いでしょう。

小学生は、青系色や春を感じさせる雰囲気を青龍のパワーを持つこの時期は、いわば人生の舂。インテリアには、青龍の雰囲気を思わせる青系の色を取り入れると効果的です。また、春や東(朝日)を感じさせるグッズもおすすめ。インテリアのポイントイメージカラーは青が吉青系の色を取り入れて、部屋に青龍の地相を思わせるイメージづくりを。ベッドは机から見えない位置に机に向かったとき、ベッドが見える位逎にあるのは集中力が欠けてしまうのでNG!毎日、健康でいるために寝室を天医方位なのです。

この記事へのコメント