気をつけたい土地と道路との関係【20219~2020土地の風水】

gus-ruballo-128864-unsplash.jpg

気をつけたい土地と道路との関係


位置によっては、同じ道路でも吉凶が異なることがあります。道路に関しては、こんな道路なら運気が上がる、といわれる吉相の道路はありません。ここにあげた「注意すべき道路との関係」以外であればよしとし、特に気にすることはないでしょう。ただ、道幅が広く、交通量が多いほど多くの気が流れてきますが、よい気と悪い気が混ざり合っているため、家を建てるならメイン通りではなく、交通量の少ない閑静な土地がよいでしょう。




近くにゴミ処理場がある不浄のものが集まる近くは、やはり悪い気もたまりやすいもの。においも含め、できれば避けたほうがよいでしょう。近くに神社やお寺がある神社仏閣は霊の鎮魂のために建てられていることが多く、もともと宅地に適さない土地といえます。できるだけ避けましょう。道路と塀の関係の図のように、いずれも角地に建つ3軒の家があるとします。Aの家は2方向、Bの家は3方向、Cの家は4方向を道路に囲まれています。気をつけたい土地と道路との関係です。近くに墓地や病院がある墓地や病院は、悪い気がたまりやすい場所です。病院などは近くにあると安心ですが、近すぎると悪い気の影響を受けます。

fjhrfjhsjhshssh.jpg

一般に、学校や病院、警察、消防署、役所などの公共施設や公園が近くにあると、「便利で環境がよい」場所といわれます。ところが、風水ではこれらの施設はすべて悪い気を持つため、あまり近くにないほうがよい、といわれています。こうした公共施設は一度に大勢の人が出入りするため、よい気も悪い気もごちゃまぜになってしまい、気が混乱した状態になってよくない、と考えるのです。特に、これらの施設が宅地のすぐそばに三つ以上ある場合は「大凶」となり、家族にも災いがおよびやすいといわれているので、注意しましょう。気をつけたい土地と道路との関係なのです。道路に対して斜めの土地の場合敷地が道路に対して斜めになっている場合は、土地自体にはそれほど問題はありません。ただし、この場合も家だけは道路に平行になるように建て、変形の土地の原則として、生け垣やフェンスなどで四角く区切り吉相の土地にしましょう。そして、区切られたスペースも気だまりにならす、常に新しい気が入るように、庭にして木や花を植えたり、駐車場にしたりして、手入れを怠らないことがたいせつです。気をつけたい土地と道路は、土地と道路の風水です。寝室と勉強部屋を入れかえる現在寝室として使っている部屋は、ご主人の書斎の方位に最適。寝室と勉強部屋を入れかえて、廊下側に机を置くと落ち着けます。

土地と道路の風水は、「財方」に水槽や観葉植物を置く宅卦の「死気」方位の財方となるダイニングのカウンターの右端に水運がアップします。アクセントとして緑を取り入れると吉玄関の向き、中央の水まわりと申し分のない間取りです。家自体の気の流 れもよいお宅です。寝室のベッドの向きがポイントです。気をつけたい土地と道路との関係です。キッチンマットは敷かない使用するとかえって汚れがたまり悪い気をよぶため、敷かないほうが○。使う場合は、こまめに洗濯をしましょう。土地と道路の風水です。壁に春の装いの絵を飾る壁に春を思わせる絵や南国の雰囲気が吉風水では「朱雀」の時期。人生を四季にたとえると、ちょうど「夏」です。この時期は、いろいろな経験から知能が刺激され、多くの知識が育ちます。部屋のインテリアは、朱雀を思わせる赤系色を用いたりしましょう。Aは何の問題もなく、どちらか吉方位になる方の道路側に玄関を持ってくることができますが、BやCの家はこのままだと3方向、4方向を道路に囲まれた凶相になってしまいます。このようなときは、図のように凶方位となる方角の道路に植物を植えて、生け垣をつくることで家の方位を明確にし、気の流れを混乱させないようにします。土地と道路の風水です。

土地と道路の風水とは、子供のトイレトレーニングのために、また暗い印象にならないよう、小物やキャラクターグッズを置いて、明るく楽しい雰囲気にしました。気をつけたい土地と道路との関係です。階段下に観葉植物を置く階段のとがった手すりが入り口に向くのは凶相です。角の部分を隠すように、背の高い観葉植物を置きましよう。トイレに備長炭を置く物をたくさん置くと気がよどんでしまうので、シンプルに。備長炭を置いて悪い気を吸収させ、玄関に流さないのもよい方法です。気をつけたい土地と道路は、下に備長炭を置くキッチンの位置が宅卦の「旺気」なので、ジンクの下に備長炭を置いて、よい気が外に逃げないように。冷蔵庫とコンロは離して置くのが吉です。収納場所にれんがを敷く1階の太極が収納という凶相に。床にれんがを敷くことで、土のエネルギーを強め、よい気が集められるでしょう。気をつけたい土地と道路は、湾曲した道路と交差した十字路大病や大けがなど、生命の危険にさらされる恐れがあります。この場合、建物が湾曲した道路の内側でも外側でも大凶相となります。三叉路にある三角地本来、道路が交差する辻や三叉路は、路傍の神様である道祖神が置かれる場所。トラブルが絶えない家になります。

この記事へのコメント