風水的に幸運になる飲み物は「炭酸」!!

crystal-ball-photography-3894871_640.jpg

飲み物は上昇のエネルギーを持つ炭酸飲料が良い



飲み物でダイレクトに金運に効くのは、黄金色をしたジャスミンティーやシャンパンなど。高級感のあるカップやグラスで飲むと、より金運を招き寄せる効果が。同じく黄金色のビールも金運アップ効果はあります。しかし、こちらはどちらかというと仕事運を上げたい人におすすめな飲み物です。シャンパンやビールは炭酸飲料ですが、炭酸は気泡が下から上へと上がっていくため、上昇のエネルギーを持ちます。そのため、飲むと気分が向上するとともに、運気もアップ。もし、アルコールが飲めないのであれば、炭酸水やジンジャーエールを飲んでみるといいでしょう。

つまり、日頃からお金に好かれるようなことを実践しているんですね。無意識でもできるわけですから、風水上の開運行動は、それほど難しいことばかりではない、ということが言えます。そこで本サイトでは、そのような成功者の方たちの部屋を数々見てきた私か、金運アップにつながるコツを紹介していきます。金運をアップさせるインテリアなどを紹介します。今の家の模様替えなどの際にもきっと参考になるはずです。、金運アップのための日頃の行動、家仕事や暮らし方について紹介します。日々の生活の中のちょっとした工夫で、金運は劇的に改善されることもあります。


次のような出来事はありましたか?

①収入が減った。
②リストラされた。
③散財した。
④事故にあった。
⑤病気やケガをした。
⑥事件の被害にあった。
⑦特定の病気などはないが、体調不良が続いた。
⑧何をやっても思い通りにいかなかった。
 
これらのいずれかに思い当たるものがあれば、それが起こった年を思い出し、次ページの表で、自分の凶方位と吉方位を確認してください。これも複数あり、それぞれが違う方位なら、①の出来事から順に優先させてください。これもまた、家族ではなく自分個人に降りかかった出来事で判断してください。


炭酸飲料で幸福になる風水!!


depositphotos_178585846-stock-video-antique-chinese-feng-shui-compass.jpg

風水的に幸運になる飲み物は「炭酸」ですが、風水の「よい環境」の条件としては、ます「安全・安心」であることが挙げられます。これは身を守るために最も必要なこと。家の中にケガにつながるものがあれば、なるべく取り除くといいでしょう。飲み物は上昇のエネルギーを持つ炭酸飲料が良いでしょう。

また、東が活気づいていれば、痴呆になりにくい痴呆にならないためには、まず第一に東(震)の気をとり入れることが大切です。朝日が昇り、躍動感にあふれている束には、好奇心を高めたり、気力を充実させる働きがあり、家全体を活気で満たしますから、住む人の脳にもよい刺激を与えます。とくに脳の働きが低下してくる高齢者には東の気が必要です。東に大きな窓があり、朝日が射し込む部屋で暮らしていれば、趣味などに打ち込み、いきいきと暮らすことができます。飲み物は上昇のエネルギーを持つ炭酸飲料が良いとは言いますが、シーツや枕カバーを週に一度も洗わない出所のわからないリサイクル品は、むやみに購入しないほうが無難です。前の持ち主がわからない物は買わない。

口から出たグチは、陰の気そのもの。グチを言いながら食事をすると、食べ物と一緒にグチものみ込むことになり、陰の気が体を循環してしまいます。各方位を守る龍と、方位ごとの願い事は、

・北(水龍)=子供の問題、独立(起業)
・南(火龍)=名誉、成功
・東(雷龍)=発展、受験、恋愛
・西(全龍)=結婚、対人運
・東北(山龍)=家族問題、健康
・東南(風龍)=仕事、活動、才能
・西北(天龍)=蓄財、宝くじ


最後のアドバイスとして、みなさんにお伝えしたいのは、「完璧は目指さなくていい」ということです。もちろん、たくさんの風水テクニックを取り入れて生活すれば、良い運気をたぐり寄せることができるでしょう。ただ、それで息切れするほど疲れてしまったり、ストレスになったりしてしまうと、風水を継続することが困難になります。正面の壁にはお茶室をデザイン、壁と障子の間に照明を施し、別室がもう一部屋あるように工夫し、店内を広く見せています。その結果、実際の客席部分を陽の空間とし、架空の陰の空間をつくることで、中和を図っています。このように店内に陰と陽を配置することによって、物事を生み出す力をつくり出すことは、商売の発展には欠かせない要素なのです。そして、その貼る場所にも2つあります。

①風水判定で「財位」を見つけ出した所
②その環境に出入りするために、一番多く人
の通る場所(一般的には玄関)です。
 
強力に財運を願う場合、①と②の両方に貼る場合も多いのです。ちょうどバブルがはじけた頃に開店した、東京・浅草橋の串揚げ専門店「串衛門」は、不況の折り、他店はどこも苦戦を強いられているなか、現在も連日繁盛しています。このお店の繁盛している理由を分析してみると、飲み物は上昇のエネルギーを持つ炭酸飲料が良いのです。風水ポイントは一番大切なレジについての風水ですが、まず不浄の金銭が持つ『邪の気』を浄化させる意味で、レジの下には1㎏もの『水晶の粉』を撒きました。家を建てる時や土地を浄化したい時などに、店内の正面左側には「風水剣」の代わりに『中華包丁のだくさん入った額』が飾ってあります。これは、窓やトイレから侵入してくる邪の気を押さえ込むと同時に、店内に悪い人を進入させないという効果もあります。本来なら「風水剣(尚方寶剣)』を使い、
風水的に幸運になる飲み物は「炭酸」です。

そのため、シートや砂をまめに変えたり、近くに空気清浄機を置くなどの対処をしましょう。置く場所ですが、玄関でもリビングでも、好きな場所でOK。ただ、常に目に入る場所ではなく、極力目立だない場所に置いてください。自分の名前や住所を丁寧に名乗るべし神様で最も大切にすべきは、近所の神社の氏神様。他の神様を拝んでも、氏神様を顧みない人の願いは叶えられません。お祈りするときにはルールがあります。まず、心の中で住所と氏名を呟きます。そして、お願いは具体的に飲み物は上昇のエネルギーを持つ炭酸飲料が良いわけですが、

この会社は南北を抜ける大きな道に面して建てられていました。表玄関は道路に面してつくられていますから西向きです。この方位は風水的にみれば。現状維持”の運勢ですので、会社としてあまり発展的ではありません。ビルの反対側に裏口が設けられていたのですが、それが表玄関より北側にずれた位置にありました。この場合、表玄関と裏口を向かい合わせにつくり、風が抜けるようにすれば東からやってくる。成長”の気をもった龍が通ることになります。そうすれば発展の意味をもつようになり、運はよくなるのです。ところが現在は表玄関の突き当たりはエレベーターホールの壁です。現に、ここに店舗を出すと全国展開ができるようになる、というジンクスもあります。大きな龍が通る道にはよい気がたちこめるため、商売繁盛につながるのもうなずけるというものです。店舗を構える前の下準備として、まずその土地に大きな龍が流れているかどうかを調べること。そして商店街の向きもチェックしておくこと。このふたつが重要です。
 
国内の温泉地は自然が豊富、それぞれ独特の風土や文化を持っています。「吉方位にふさわしい滞在先」やP125の「食べ物」「お土産」に温泉をプラスすれば、開運パワーがさらにアップ。風水的に幸運になる飲み物は「炭酸」なのですが、人間も生まれた瞬間、9つのうちどの「気」の影響を強く受けたかによって、性格や人生、成功の方法が変わります。まずはいちばんの基本、「自分が生まれながらに持っている気の性質=本命星」を知っておきましょう。




ある風水師が鑑定に出かけた先で不思議な出来事に遭遇したという話を聞きました。さて鑑定をしようということで、羅盤を取り出してコンパスを見たところ、そのコンパスがグルグルと回りはじめたというのです。この原因は、近くに強い電磁波があるか、もくしくは陰宅風水でいう墓地に何か問題があるかのふたつにひとつです。風水師は宗教家ではないので、後者の場合には関わらないほうがよいと思います。風水は本来、少しでも住宅環境の改善に役立つこと、また祖先との関わりを大切にして、生きている私たちがよりよく生活できることを目的としているからです。ふとしたきっかけで自分自身や周囲への気づきが起こり、自然なかたちで思いやりや感謝の気持ちが生まれます。旅行先の神社を訪れるときには、大いなる自然に感謝しながらお参りしてみてください。その土地を守る神さまもきっと、そんなあなたの気持ちに応えてくれるはずですよ。その年のパワーチャージ旅行の始まりは立春から風水では、一年は立春から翌年の節分までを指します。前章で「一年の計画は冬至の日に立てましよう」と書きましたが、冬至から立春まではひと月以上。立春から計画を立てるよりも、よりスムーズにものごとが運ぶからです。

この記事へのコメント