運は自分で切り開くもの!!【2021~2022風水】

depositphotos_178585846-stock-video-antique-chinese-feng-shui-compass.jpg

運は自分で切り開くもの!!努力が大切です


中国の運命学を長年研究してきて、次のような結論に至りました。運には先天的な運と、後天的な運があります。先天的な運は親兄弟などの生まれ育った環境、自分では変えられない運命のことです。後天的な運は自分の努力で得た結果、行動を選択した結果の運命を指します。

先天的に運が芳しくない人であっても、欲得に翻弄されず謙虚に善良に生きる大は、トラブルや災難にあってもそれを無難に乗りきり、幸福な人生を送ります。善良な大が窮地に陥れば、助けの手を差し伸べたくなるものです。



2021~2022 風水


1513682b2cf1f6dd7dab83feb1c8c71e.png

「恭喜發財。五路進財」は「儲かるように」という願いと「5つの路(すべてのやり方)が財産につながっていきますように」という願いがこめられた、財運専用のポスターです。店舗用の財運専門です。「今日もお店を開くと大吉が来ますよ」という意味の「開市大吉」と「5つの路(すべてのやり方)が財産につながっていきますように」という意味の「五路進財」効果があります。
 
風水はサプリのようなもの。気長に実践を最後に、金運を主なテーマとしていますが、金運以外の運気が上昇する風水の知恵も紹介します。運は自分で切り開くものです。とても扱いやすい神獣ですが、首から「牛鈴」という鈴を吊り下げてあげましょう。貔貅の欠点はただ1つ、「眠たがりや」なので、ときどきこの鈴を鳴らして起こしてあげましょう。置く場所に最適なのは、客間のテーブルかカウンターの上、レジ台の上、神棚、テレビの上などです。貔貅はかわいがるほど、掃除をしやすい工夫で清潔を心がけることが重要です。掃除が行き届いていないと悪い気がたまります。シャンプー、石けん類は1ヵ所にまとめ、入浴後は棚を乾いたタオルで拭くなど、掃除しやすい工夫をしましょう。

2021~2022の風水です。髪のつやは心のつやでもあり、運を左右する大切なバロメーターのひとつ。精神的に落ち込んだり、何か悩みがあるとすぐに髪のつやがなくなったりしませんか? そんなときは髪をいたわってあげましょう。美容院でお手入れをするのもよいですが、実は何よりも効果があるのが手櫛です。毎日櫛でとかす、手でなでる、とてもシンプルな方法ですが、手から出るエネルギーで明らかに髪のつやが変わってきます。どうしても捨てられない人は、リサイクルショップに持っていくなどして、自分が納得する形で不用品を手放しましょう。空いたスペースには、新しい運気の流れが入ってきました。

運は自分で切り開くものと言いますが、もちろん、Aを選びますよね。なんだか楽しい光景が想像できるからでしょう。暗いより明るい、危険より安全な街に住むほうが、当然よい運気が流れています。よりよい環境を求めるのなら「引っ越し」という手段もありますが、そう簡単にできることではありません。身の回りをスッキリさせることが幸せへの近道です身の回りに、いらないものをため込んではいませんか?いらないものに取り囲まれて暮らしている人がいます。それが慢性化すると、家の中が汚れていても無戳着になりますし、生活空間を狭くしていることにさえ気がつかないくらいです。2021~2022の風水は、リサイクル品の購入は経済的かもしれませんが、以前どんな人が使っていたかわからないという問題があります。幸せな生活の中で使用したのなら良いのですが、不運に見舞われ処分した場合、物に陰の気がついています。

運は自分で切り開くものですが、さらに、ラッキーアイテムやアイテムに関係する絵、オブジェなどを置くことで、よい運気を取り入れることができます。お金の保管は静かでひんやりした場所に!入ってきたお金がムダに出ていかないのも、金運に恵まれた状態です。そのためには、お金の保管場所にひと工夫を。お金は陰の気を好むので、お金の入ったお財布は、できれば引き出しやクローゼットの奥といった静かな場所で保管します。2021~2022の風水は、使っていないのに家にあるものは、その人のこだわりが反映されています。いらないものを捨てることによって、新しいものの見方ができるようになるのです。今の自分を変えたいと思ったら、ますはいらないものを捨てることから始めましょう。お金は使って幸せになるためのツールですが、それには家族が円満で、健康で、仕事にも恵まれている必要があるでしょう。つまり、ただ金運だけアップしても、幸せになれるとは限らないので、全体運を上げることを目指してみてください。また、風水は即効性のある強い薬ではなく、じわじわ体質改善をするサプリメントのようなものです。

運は自分で切り開くものと言いますが、「笑囗常開和気生財」は「儲かって、儲かって笑いが止まらない」という意味の、見るからに儲かりそうな財運専用の「招財進寶」に「金玉(宝石)で空間がいっぱいになる」「子孫繁栄を約束する」という意味の「金玉満堂」の願いをプラスしたものです。運は自分で切り開くものですが、門神は入口を守る神様で、中国には2組、2種類の門神がいて、身分によって使い分けされています。1つは神荼と鬱塁の兄弟で、鬼門の両脇に立って出入りする鬼たちを取り調べたと言われる門神。日本の仁王様の原型となった神様です。

この記事へのコメント