中国の相学書からみる日本の風水は間違っている!!

6fhsdfhs.bmp

日本の風水は間違っている!!


中国の相学書に「人の心に善が起きる端から諸々の福は集まってくる」と書かれている意味もわかりました。善は福を呼ぶのです。逆に、先天的に運がよい大であっても、欲にまみれ傲慢な態度の大は、しだいに運を悪くしてしまいます。贅沢な生活をして勤勉さを失い、ほかの人のことを顧みることがなければ、やがては運を使い果たしてしまいます。今の状態を見れば、それまでの人生がわかります。今の生き方を見れば、その結束である未来の状態がわかります。今の自分の心がけや行動の選択が、未来の運をつくっているのです。
 
ならば、風水に基づいて、身の回りの環境をととのえてみてはいかがでしょう。風水というと「どこに何を置く」ということばかりがクローズアップされがちですが、それより以前に大切なのが「おそうじ」。不要なものを処分し、身の回りを広く、清潔に保つ「おそうじ」は、風水の基本ともいえるのです。日本の風水は間違っているのです。運気に直結していますイライラしていたり、落ち着かないときというのは、やる気が起きず、何かをやったとしてもうまくいかなかった、という経験はありませんか?心がザワつき憂鬱になっている状態も、よい運気を呼び込めていないサインです。そういうときこそ、おそうじをしましょう。部屋がきれいになることで、気持ちの整理もでき、心をよい状態に持っていくことができます。ストレス解消のために、水まわりをとことんきれいにするという人がいますが、それはピカピカになっていく洗面台を見ると、気分がスッキリするからなのでしょう。


日本の風水は大丈夫なのか?


depositphotos_178585846-stock-video-antique-chinese-feng-shui-compass.jpg

自分の吉方位がわかったら、その方位が家の中のどこにあたるかを調べ、上のルールに従ってととのえていきましよう。凶方位の場合も、同様です。ます、何よりも大切なのは、そのスペースをおそうじすること。いらないものがあれば処分し、掃除機をかけたり、拭き掃除をしたりしてホコリを除きましょう。それから次ページの表を参考に、その方位に合った色やモチーフを使って、中国の相学書からみる日本の風水は間違っているのです。

家の中にものが多すぎて、何がどこにあるのかわからないということはありませんか?そのような人は、自分の持っているものがどうなっているのか把握していない、つまり、管理する能力がダウンしているともいえます。家の中は、その人自身を映し出している鏡のようなもの中国の相学書からみる日本の風水は間違っているとはいえ、飲み物は上昇のエネルギーを持つ炭酸飲料が良いと言います。日本は中国に比べれば国土は狭く、街も住まいも小ぶり。移り変わる四季があり、比較的おだやかな自然に囲まれています。そんな日本だからこそ、盆栽や坪庭、山水などの工夫を凝らして、家のあちこちに自然と同じ状態をつくりあげ、生き生きとした植物を置いたり、こわれたものは小まめに排除して、止まっている気を動かし、疲れている予々ルギーを交換することにも長けている。いっぽう中国では風水は闘いのための兵法とともに発展してきた歴史があるせいか、勝負ごとや財を守ることに長けている気がします。両方のよいところを取り入れたうえで、そんな囗本の自然に根付いた和の風水学の考え方を伝えたいと思います。最近はそんな使命感に燃えています。日本の風水は間違っているのです。

九星の持つ象意を日常生活に取り入れてパワーチャージする方法をお伝えしてきました。ここではパワーチャージ風水のなかでも、もっとも効果的な吉方位旅行によってパワーをチャージする具体的な方法をお知らせします。その前に、少しだけ難しいですが、旅行風水や方位についての基本知識を説明させていただきます。風水を難解な学問のように、あるいは間違うと恐ろしいことが起こる呪術の一種のようにとらえる必要はないと思うのです。この本でご紹介している風水術は、あくまでも幸せになるための道具、生活の知恵として、ご自分や周囲の方を幸せにするために、役立ててください。知らないうちに「運のレール」に乗っているはず。日本の風水は間違っているのです。運力は自分自身のなかにあります。風水的に幸運になる飲み物は「炭酸」とは言いますが、そんなふうに考えて40年以上にわたり風水を学び、伝えてきました。そのなかで、このごろとみに大切だと思うことは、「海外の風水」ではなく、日本人には囗本の気候や風土、風習に根付いた「和の風水」があるということです。風水の歴史をひもとくと4000年以上前の中国で生まれ、歴代の中国皇帝たちによつて体系化されてきたものが、



まず一番のポイントは、江戸時代の夕暮れ時の雰囲気を出すために、店内の照明を暗くし、ローソクと行燈の明かりを効果的に使うなど、徹底的に「和風づくり」にこだわった店づくりを施し、「隠れ家」的な雰囲気を演出していることがあげられます。中国の相学書からみる日本の風水は間違っているこのtに関しては、「プロローグ」でもお話ししたように、風水はその瞬間だけ飲めば効く特効薬ではなく、サプリメントのようなものなので、地道に継続することに意味があります。そのため、無理なく続けられるような、自分にとってハードルの低いことから始め、少しずつ取り入れる要素を増やしていくのが理想的です。風水的に幸運になる飲み物は「炭酸」です。パジャマは可能であれば毎日、長くても週に一度は洗濯しましょう。朝起きたらパジャマを脱ぎまめに洗濯する。

環境が悪ければ青い鳥もやってきませんし、たとえやってきても、すぐに飛び去ってしまいます。いらないものを捨てて、かたづける。身の回りをスッキリとさせましょう。それが青い鳥を招き入れ、幸せになる近道なのです。中国の相学書からみる日本の風水は間違っているのですが、特に台所は、調理の際によく換気することがポイントです。寝具や力上アンに食べ物のにおいかつかないように、消臭スプレーなども活用するといいでしょう。収納場所がない場合は、ベッドの下のスペースを活用しても問題はありませんが、乱雑にならないように、常に整理整頓しておくことが大切です。日本の風水は間違っているのでしょうか。この店の25にものぼる風水ポイントを正面入口の軒下には『凸面八卦鏡』を両脇に掲げ、二重にも三重にも邪気を跳ね返す工夫を施してあります。分を陽の空間とし、架空の陰の空間をつくることで、中和を図っています。このように店内に陰と陽を配置することによって、物事を生み出す力をつくり出すことは、商売の発展には欠かせない要素なのです。という「三木脚のカエル」を置きました。この店の25にものぼる風水ポイントを中国の相学書からみる日本の風水は間違っているのです。

この記事へのコメント