屋根の形状と吉凶!!【2019~2020新築の風水家相】

屋根の形状と吉凶 【風水】 屋根の形にも吉凶があります。風水では、一般的な木造建築に多い「切妻型」の屋根がバランスよく、最もよいとされていて、次が日本建築の「入母屋屋根」などの「寄せ棟型」です。屋根の一方が高い「片流れ型」は、流れる方向によって吉凶が異なり、住人の思考も好き嫌いが激しく、偏りがちになるといわれています。特に北に低く流れる屋根は凶相です。2×4(ツーバイフォー)などに多…

続きを読む

庇のない屋根は凶相!!【屋根形状は風水の大きなポイント】

屋根の形状や色は、その家の外観を大きく左右するために、家の吉凶と深いつながりがあります。「あの家を見ると、どうも落ち着かないな」「あの家は、何かバランスがおかしい」と思われる家は凶相なのです。その原因が屋根にあることが、意外に多くなっています。そして最近では屋根の素材も大きな問題となっています。 まず家全体の大きさに比べて、極端に屋根が大きなものは、外から見て安定感に欠けて周囲の気…

続きを読む