室内の湿気は体の不調の要因に!【健康運・風水】

sgagasg.bmp

室内の湿気は体の不調の要因に!


健康運アップに欠かせないのが、室内の湿気対策です。日本は湿度の高い国なので、こまめに換気しないと、家の中はすぐにジメッとしてしまいます。湿気がたまると、空気もよどみ、雰囲気も暗くなるほか、気分も沈みがちに。また、カビやダニの発生にもつながります。そんな家に住んでいては、健康運ダウンは必至です。

家の中は、できるだけひんぱんに換気をするよう心がけましょう。湿気がたまりやすい夏場はもちろん、冬場も暖房などで空気が汚れるので、1時間に1回は換気をしましょう。また、クローゼットや押し入れなども、週に1回は扉を開け放つなどして、湿気対策を講じましょう。

空飛ぶものを意識すると風水を勉強する前のことですが、普通は会えない人に会えたり、くじで海外旅行が当たったりと、強運で有名な後輩のお家を訪ねた私は驚きました。お家の中が鳥のモチーフでいっぱいだったからです。観葉植物の枝、ステレオ、テーブル……もしかして後輩の強運はこれのおかげなのかしら? と興味を持ちました。


では、どういう方位のとり方が理想的なのでしょう。会社からみて真東にある社員寮は「向」(第十四層)が「同」、「座」(第十二層)が「比」の方位となるため、会社と社員がアットホームな関係を保てるよい方位です。会社からみた「同」の方位は友人関係や絆を意味しますし、社員寮側からみた「比」は和を意味するからです。しっかりとした絆を結び、協調し合って仕事の能率を高めるというよい意味を含んでいます。参照:http://xn--fctr79aj7hs78a.biz/



この他会議室はそれぞれの方位で異なる意味をもちます。

 ●東の会議室を青龍と呼び、若さの象徴でアイデアがどんどんわきあがってきます。
 ●北の会議室を玄武と呼び、財務管理や資産管理及び資料管理の会議室です。
 ●西の会議室を白虎と呼び、社員を教育したり規律を守らせるために使います。
 ●南の会議室を朱雀と呼び、作戦会議や攻撃方法の伝達に用いると志気が高まります。
 
このように、目的に合わせた会議室をもつことができれば理想的ですが、できない場合はこの方位に集まって会議を行うだけでも効果は違ってきます。少しでも風水をよくすることは可能です。まず、家具の位置を確認します。フロアーの中心から各方位を調べ、羅盤の二十四山の大吉の方位に障害物があると、よい気がそこで遮られてしまうことになります。仕切り壁やロッカーなどがある場合は、人間関係については六十四卦でみていきましょう。



"室内の湿気は体の不調の要因に!【健康運・風水】"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: