2階キッチンの家相 2階キッチンの風水 FX 「張り」と「欠け」 いじめと風水 お酒と風水 アクアリウム インチキ風水師 ウォークインクローゼットの風水 エセ風水師 オフィスの家相 ガレージの風水 キッチンの方位 キッチンの風水 キーワード ストレス ストーカー スーパーゼウスの風水 デスクの風水 トイレの家相 トイレの風水 パワーチャージ風水 ビジネス風水 ペットの風水 マイホームの風水 マンションの凶相 マンションの吉相 マンネリ解消 ラッキーアイテム ランキ―ナンバー 一白 七星陣 三本脚のカエル 三角地の凶相 九星 事故と風水 二世帯住宅 五行 人目が気になる 仏壇の風水 仕事・風水 仕事運 住宅の中心 倉庫の風水 健康運 催婚 八卦 八宅風水 八方位 六殺 六白 冬至と風水 凶作用 凶方位の引っ越し 凶相を化殺 出世 出世の家相 出世の風水 別棟の家相 別棟の風水 北西方位の欠け 十二支と十干 十二支方位 占い 印鑑と風水 収納の家相 受験・風水 古来風水 台湾の風水 吉凶 吉凶のキッチン 吉凶の方位 吉方位 吉相 名づけの風水 名刺の風水 吹き抜けの家相 吹き抜けの風水 商談 商談と風水 問題のある方位 四神相応 四神相応の地 因縁のある土地 土地の家相 土地の相 土地の風水 土地選び 地場 地相 基礎の家相 大地のエネルギー 天医方位 天喜 天喜方位 天窓の風水 太極のリビング 妊娠 妻の本命卦 子宝 宅心 安い土地 宝くじと風水 家づくりの風水 家の中心 家の中心の求め方 家を建てる時の風水 家庭円満 家相 家相と風水の違い 家相のポイント 家相を考えた玄関 家相学と風水学の違い 家相方位盤 寝室の風水 屋根の凶相 屋根の風水 屋根形状 幸せの観葉植物 広い家 床下の家相 床下の風水 廊下の風水 廊下は「欠け」 引っ越しの家相 引っ越しの日取り 引っ越しの風水 張り 張りと欠け 恋愛・風水 恋愛運 挨拶 散歩と風水 整理整頓 敷地の凶相 敷地の吉相 敷地の家相 敷地内神社の家相 文昌 方位 日本の風水 書斎の風水 木炭と風水 本当の風水 東の龍 枕の向き 桃花 桃花水法 欠け 気がめいった時 気の流れ 気の浄化 水槽の風水 江戸時代の家相 洗面所 浴室の風水 火気の方位 照明器具の風水 物置の風水 玄関の方位 玄関の風水 玄関の鬼門 現代家相盤 生気 目標達成 破財殺 神棚 神棚の風水 窓の位置・風水 窓の大きさ・風水 窓の風水 紅鸞 紫微北斗七星 紫微斗推命 結婚 結婚運 縁側の家相 職業別の家相 腐れ縁 衰退の家相 見落としがちな風水 観葉植物の風水 試験運 財運 車庫の風水 転職の風水 返済の風水 迷信 運気の流れ 道路の凶相 道路の風水家相 道路付け・風水 金庫の風水 金運 金運アップ 金運・風水 鏡の置き方 鏡の風水 門の吉相 門の方位 門の風水 陰陽 陰陽五行説は「相性の法則」 陰陽師「安倍晴明」 階段の家相 階段の風水 隣家の影響 風水 風水と掃除 風水と日光浴 風水にこだわる理由 風水のタブー 風水のポイント 風水の家づくり 風水の歴史 風水の迷信 風水パワー 風水リフォーム 風水・土地 風水・水槽 風水住宅 風水画 飲み物の風水 香港の風水 鬼門 鬼門のせい 麒麟

「張り」「欠け」を理解していないと、風水家相はわからない!!

2018/11/15 07:00
家の「張り」や「欠け」も家相の吉凶を大きく左右します。張りは吉相で、欠けは凶相だが、鬼門方位はどちらも凶相となります。家相からみて建物の理想的な形は、六対四で長方形になってものです。ところが、長方形に近い家でも、どこかに多少の出っ張りや引っ込みがあるわけです。家相上、この出っ張りの部分を「張り」といい、反対に引っ込んでいる部分を「欠け」と言います。ところが、「張り」「欠け」は相対的なものだから、どのようになると「張り」で、どこが「欠け」になるのかということは、素人口に..

続きを読む

具体的に「欠け」とみなす箇所は?【運気がダウン!怖い家相】

2018/07/20 23:16
家屋の場合、実際に欠けていなくても、欠けと考えられる場所があるのです。これらの判断が非常に微妙で難しく、鑑定の結果を大きく左右するのです。これがあるので、素人の方が判断出来ないのです。平面図で見る限り欠けの形状になっていなくても、その意味、気の流れ、その他の諸条件から、次のものは欠けだと判断しましょう。この判断を間違えると、家相の結果が変わってくるので、注意してください。 ●玄関 玄関はドアで外部と仕切られているため、家屋の内部と考えることもできますが..

続きを読む

住宅の中心を間違えると、家相が異なる【エセ風水師に注意】

2018/07/20 20:00
家相や地相をみるには、まず家の中心を決めないといけません。家の中心が狂うと方位に狂いが生じ、せっかく吉相の家をつくっても意味をなしません。中心が狂っていると、正反対の家相が出てしまうこともあるのです。 住宅は平面ばかりで構成されているわけではなく、立体的に構成されています。風水的に言う「張り」や「欠け」の部分があるので、中心をとるのはかなり難しい作業になります。手書きの図面や縮小率の大きな図面から中心をとることを避け、必ずきちんとした設計図をもとに中心を割り出し..

続きを読む

もっと見る